ずきしらずの実で緊張型頭痛や偏頭痛、群発頭痛も安心

ずきしらずの実で緊張型頭痛や偏頭痛、群発頭痛も安心!と口コミ評価も高いです。

頭痛持ちの方なら、すでにご自分がどのタイプの頭痛なのかを知っていてしかるべき対策をとっているかと思いますが、日常生活や仕事に影響が出て悩みの種になっていることは間違いないと思われます。

頭痛には緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛などのタイプがあり、人によっては緊張型頭痛と片頭痛が混在している方もいるようです。

緊張型頭痛というのは、首こり、肩こりの人に多く、血行が悪くなって首などの筋肉が緊張することで生じる頭痛です。

この場合は、首のストレッチや首周りを蒸しタオルなどで温めることによって筋肉の緊張がほぐれて頭痛がラクになります。

また、片頭痛は20代〜40代の女性に多いことから、女性ホルモンが関わっているのではないかと言われています。

頭蓋骨内の血管が広がって炎症を起こすことで頭痛が生じると言われていますので、こめかみを冷やしたり圧迫するなどの対策が知られています。

そして群発頭痛ですが、これは比較的稀なケースで、男性に多いようです。

不明な部分もあるようですが、どうやら目の後ろを通っている動脈が拡張して炎症を起こすことで目をえぐられるような激しい頭痛となると考えられていて、まずは病院で診てもらうことが大切です。

このように、頭痛といっても様々なタイプがあり、その緩和方法や改善策も種類別に違っています。

ただ、やはり痛みというものは苦痛ですのでついつい薬に頼ることになってしまうのが現実なのですが、頭痛に悩む人たちは、できれば薬に頼りたくないという気持ちは強いのです。

そこで、薬ではないサプリメントに注目です。

タイプの違う頭痛にも使えると人気のサプリが「ずきしらずの実」。

ずきしらずの実には痛みを和らげる働きに長けた3つの天然成分が含まれています。

その3つとはオオイタドリ、フィーバーフュー、にがりです。

オオイタドリは痛みを和らげるものとして古来よりアイヌの人々が愛用していたタデ科多年草で、アンチエイジングで注目されている「レスベラトロール」を含みます。

漢方に使われるイタドリと同じ科目で、ホルモンバランスを整えたり体のリズムをよくする働きを持ち、痛みを和らげてくれます。

フィーバーフューも頭痛改善によいと知られているハーブで、鎮痛、消炎、鎮静などの作用があり、含有されているパルテノライドという成分が頭痛を起こす原因物質を抑える働きをしてくれます。

片頭痛の頭蓋骨内の血管が拡張しての炎症や群発頭痛の目の後ろの血管が拡張しての炎症に、フィーバーフューの消炎作用が期待できますね。

そしてマグネシウムが豊富なにがりも忘れてはいけません。

マグネシウムの不足によって片頭痛や緊張型頭痛を起こすという研究報告もあり、にがりによって不足したマグネシウムを補えますので、頭痛を改善に導いてくれるのです。

このような3つの天然成分の優れた働きによって、片頭痛(偏頭痛)、緊張型頭痛、群発頭痛といった違うタイプの頭痛も改善できるのです。
ずきしらずの実の気になる効果と口コミ
頭痛持ちで悩んでいる人や薬を使わず頭痛を和らげたいという人に、「ずきしらずの実」はとてもおすすめできるサプリです。
公式サイト↓
『ずきしらずの実』
zukisirazunomi

関連記事: