人工甘味料のアセスルファムkやスクラロースやアスパルテームの危険性

人工甘味料のアセスルファムkやスクラロースやアスパルテームの危険性についてです。

あなたは、ダイエット甘味料を使用していますか?

例えば、コーヒーを飲む時にグラニュー糖ではなく、カロリーの低い人工甘味料を使用している。
もしくは、カロリーゼロと書かれている清涼飲料水を好んでよく飲む。

このような方が主に当てはまると思いますが、この人工甘味料が大々的に普及するにつれて、人工甘味料の危険性が重視されるようになってきています。

飲んだことがある方はわかると思いますが、人工甘味料は普通のグラニュー糖などと比較してもかなり甘いですよね。
なのに、カロリーは少ない。もしくはほぼ0

これは、どうなんだろうと不思議に思うのも疑問ではありません。

実際に厚生労働省の人工甘味料スクラロースやアステルパームなどについての見解を見てみると、そこまで危惧するような検証データは出ていないので、よほどの大量摂取を行わない限りは、そこまで危険視されるほどの体に害がないと言われています。

しかし、近年増加している糖尿病。

ここに人工甘味料は、大きな影響を与えるという話があります。
もともとスクラロースなどはカロリーが気になる人の人工甘味料として人気を集めていますが、体内のインスリン抵抗性を上げてしまい、血液中のブドウ糖数値が高い状態を保持しやすくなるという話があります。

こうなると、糖尿病へのリスクは高まりますし、何のために人工甘味料を飲んでいるのかわからなくなりますよね。

個人的には、「人工甘味料は絶対に飲んではいけない」このようには思っていません。
ただし、日常的な摂取は必要ないと思います。

甘いコーヒーが飲みたい時はグラニュー糖の方が美味しいし、飲み過ぎると害になるのはどちらも同じです。

だからこそ、何事もほどほどが大切。

簡単にカロリーカットして痩せられるほど、人生は甘くない。

これは私の持論ですが、やはり健康や美容を維持するにはある程度の忍耐と我慢は必要不可欠です。

危険性に怯えながら摂取するくらいなら、カロリー計算をしてリスクを減らすというのが一番の方法だと思います。

◆なお、代謝アップで安心の材料で綺麗に痩せて美肌で健康になりたい方は、完全無添加のゆうこうせん(優光泉)酵素ドリンクを飲むと効果的です。

砂糖も人工甘味料も使わず、麦芽糖で抽出しているのでカロリーも低めですが、栄養バランスもよく代謝アップになって痩せやすくなるからです。

妊娠中や授乳中でも、子供でも飲めるのも人気です。
詳しい情報はこちら!→ゆうこうせん(優光泉)で妊娠中や授乳中に期待したい効果
公式サイト↓
完全無添加の酵素ドリンク「優光泉」

関連記事: