トマトに美白効果や抗シワ効果があるのは本当?

トマトに美白効果や抗シワ効果があるのは本当?

お肌に良い食べ物というと、果物のビタミンCというイメージが強いのではないでしょうか。

しかし、実はトマトには美白効果や抗シワ効果があるので、トマトもお肌に良い成分が豊富に含まれているのです。

さて、トマトに含まれているお肌に良い成分で最も有名なのは「リコピン」です。

リコピンは、紫外線などで発生する活性酸素を抑える抗酸化作用が強く、同じ抗酸化作用のあるビタミンEの100倍もあると言われているほどです。

リコピンは、メラニンの生成を抑えて、肌を白く保ちます。

他にも、紫外線のUVA波は、肌のコラーゲンを損傷させますが、これがシワの原因になるわけですが、リコピンは、コラーゲンの損傷を防ぎ、コラーゲンの生成を促す働きもあります。

トマトは、このリコピンだけでなく、ビタミンCやカロテンなども含まれており、美肌効果に大きな期待が持てます。

続いて、リコピンの上手な摂り方についてです。

トマトを食べれば、リコピンを摂ることができますが、生で食べるよりも、加熱と油を加えることで体への吸収率が3倍以上にもなると言われています。

例えば、トマトを油で炒めたトマトを付け合わせに食べるという方法はいかがでしょうか。

トマトを調理して食べることが難しい場合は、トマトの缶ジュースを飲むという方法もオススメですよ。

朝と寝る前に油を大匙1杯加えたトマトの缶ジュースを飲むと良いです。

油は、高品質なオリーブオイルやアマニ油などを使うとより良いです。

細胞の材料となるので、油選びも大切です。

さて、トマトを食べるときは、皮ごと摂るようにしてください。

トマトの皮にも栄養が詰まっていますよ。

抗酸化作用の他に、免疫機能を高めるファイトケミカルが含まれています。

皮を食べることで、農薬が気になる場合は、水を張ったボウルに重曹を小さじ2杯ほど入れ、トマトを20分程度つけておき、そのあと流水でよく洗うことで、表面についた農薬は落とせます。

トマトは、旬のものがいいですね。

春から初夏と、秋から初冬のものをたくさん食べましょう。

旬のトマトは、農薬の量も少ないですし、栄養価も高いです。

旬の時期にトマトをたくさん食べることで、そのあとの時期のお肌の状態がよくなります。

最近は年間通してトマトを食べることができますが、旬の時期にたくさん食べておくことが後々にも良いのですね。

トマトエキスが入っている、オススメの商品があるので紹介します。

それは「雪肌ドロップ」です。
雪肌ドロップの日焼け止め効果の口コミ!とその理由
雪肌ドロップには、トマトエキスも入っていて、紫外線カットができる飲む日焼け止めです。

ニュートロックスサンという新成分が配合されており、紫外線ダメージをブロックしてくれます。

妊娠中・授乳中・4歳未満のお子さんは飲まないようにしてください。

その他の方は雪肌ドロップを飲むことで、体の内側からUVケアができるので、オススメです。

今年の夏の肌ケアは、旬のトマトと雪肌ドロップに決まりですね。

公式サイト↓
5105

ugs

関連記事: