トランス脂肪酸が体によくない理由

マーガリンやショートニングなどトランス脂肪酸が体によくないのはなぜでしょうか?

ファーストフードに多く使用されているトランス脂肪酸

近年このトランス脂肪酸が問題視されており、改善する企業も増えています。

では、どうしてトランス脂肪酸が体に悪いのか。

今日は、トランス脂肪酸が人体に与える影響についてお話したいと思います。

まず、トランス脂肪酸が多く含まれている私たちにとって身近な食品はマーガリンです。

バターは高いので、ついついマーガリンを購入している方も多いと思いますが、マーガリンには実に大量なトランス脂肪酸が含まれています。

トランス脂肪酸とは、植物性油脂を凝固して作り出される物質と考えるとわかりやすいのですが、なぜこんなことをするかというと、通常サラサラの植物油を固めることで、酸化から防いで日持ちをよくする効果があるためです。

これによって編み出されたトランス脂肪酸は、体に非常に悪いことが判明しており、

・高コレステロール
・心臓病
・免疫力低下
・動脈硬化

このような症状が懸念されています。

つまり、一見カロリーが高くて体に悪そうなバターの方が安全性が高く、安値でヘルシーに見えるマーガリンの方が健康被害が大きいといっても過言ではありません。

じゃあマーガリンを食べなきゃいいのかと言うと、残念ながらマーガリンだけにトランス脂肪酸が含まれているわけではありません。

先ほど話したファーストフードやパンを作るときに使用するショートニング

これにも多くのトランス脂肪酸は含まれます。
最近では、トランス脂肪酸フリーのショートニングも販売されていますが、こちらはとても高価なので、市販のパンには通常のショートニングが使用されています。

ここで豆知識なのですが、ショートニングを使用しなくても美味しいパンは作れます。

ショートニングは油脂になりますので、バターで十分代用が可能です。

バターやラードの代用がショートニングなんですよね。

もちろんコストを考えるとショートニングが安いのですが、健康はお金では買えないかけがえのないものです。

あなたも、トランス脂肪酸の摂り過ぎに注意してくださいね。

とは言っても、今までとってしまったものは仕方ないですし、これからも少しはとってしまう可能性もありますね。

そんな時は、腸内環境デトックス効果が高い酵素を飲んでデトックスするといいです。
腸内デトックスの方法!酵素で簡単

特に私がいいなと思って良く飲むのはゆうこうせん(優光泉)です。
腸内環境を改善して代謝アップで美肌で健康に過ごせます。
九州産野菜にこだわった完全無添加の酵素「優光泉」

m

*関連サイト*
コレステロール値が気になる!藍の青汁を飲むといいって本当?

関連記事: