タバコは肌荒れする?

タバコは「百害あって一利なし」と言われ、
ガンや肌荒れなどをはじめとして、
健康や美容に悪いことは良く知られています。

では、具体的にタバコを吸うと、
美容にはどんな影響があるのでしょうか。
肌荒れが起こるのでしょうか?

タバコによって肌荒れすると言われる
理由にはいくつか要因があります。
その要因が絡み合って、総合的に
皮膚の老化を促進するのです。

その要因とは一体なんでしょう。
一つずつ解説していきましょう。
まず、ニコチンです。
タバコの主成分ニコチンは、
血管収縮作用があるため、血行が悪くなります。
それにより、皮膚温が2〜5度も下がり、
新陳代謝が悪くなってしまい、
しわ・たるみ・くすみなどが起こります

つぎに活性酸素です。
タバコを吸うと、ニコチン、タールなどの
有害物質が体内に入ります。
それを攻撃するために活性酸素が大量に発生します。
活性酸素はしみ・しわ・たるみなど、
肌の老化の原因と言われていますよね。
活性酸素は体内で不飽和脂肪酸と
結びついて過酸化脂質になり、
細胞膜を酸化させ、サビつかせるためなのです。

また、活性酸素はエラスターゼという酵素を活性化させ、
エラスチンという肌の弾力にかかわる線維を分解してしまうので、
肌のハリも失ってしまいます。

次にビタミンCの破壊です。
タバコを吸うと活性酸素が大量に発生しますが、
その活性酸素と戦うために、
実はビタミンCが消費されるのです。
ビタミンCはコラーゲンの生成、免疫力、
メラニン色素の生成抑制、抗酸化作用など
その働きは多岐に渡ります。
肌のためには欠かせない成分がビタミンCですよね。
それをタバコが破壊してしまうのです。

他にも、タールがあります。
タールは、肌色が悪くなり
毛穴に付着すると毛穴の黒ずみの原因にもなります。
また、一酸化炭素は、血液中のヘモグロビンと結合し、
酸素が結合出来なくなってしまい、酸素不足になります。
その結果、肌の色や唇の色が悪くなっていきます。

このように、タバコを吸うと
タバコに含まれる有害物質により、
肌荒れが起こってしまうのです。

タバコを常用している人は、
肌荒れ程度では済まず、
肌質が悪くなる一方なので、
スモーカーズフェイス」と
呼ばれる一目で喫煙者だとわかるような
深いしみ・しわが刻まれ、
唇が黒ずんだ特徴的な顔になっていきます。

美肌のためにも健康のためにも
禁煙したほうがいいです。
kinen
禁煙したいけどなかなか実践できないよと
いう方には、ハーブを使ったRESMO 【レスモ】も人気です。

関連記事: