白井田七(しらいでんしち)とわかめペプチド粒タイプの違い!血圧対策にはどちらを選ぶ?

白井田七(しらいでんしち)とわかめペプチド粒タイプの違い!血圧対策にはどちらを選ぶ?

年齢とともに身体に不調が増えてきました。

特に「コレ」と言った何かがあるわけではありませんが、少し行動しただけで疲れたり、食欲もある日とない日があったり、便秘や浮腫みにも悩んでいます。

間もなく40歳になろうとしている今、体調に変化が現れる時期なのかなと思っています。

そんな悩みを知人にすると、知人も似たような悩みがあったけれど、その原因は「高血圧」だったと教えてくれました。

低血圧が病気な不調に結びつくイメージだったものの高血圧も同じらしいですよ。

高血圧を放置すると心臓な脳の病気に至るリスクも高まるので正常に戻さないとよくないそうです。

私自身は、若い頃から低血圧ですが、父は高血圧で治療をしていますし、母も血圧は高めでした。

祖母も高血圧で治療を受けていたので、家系的に血圧には気を付けるべきなのだろうなと私は思っています。

そこで「白井田七(しらいでんしち)」と「わかめペプチド粒タイプ」という2つのサプリを知りましたので紹介します。

まず、白井田七です。

これは、田七人参という植物のサプリです。

98%が田七人参で構成されており、そのものを食べているといっても過言ではないかもしれません。

では残りの2%は何かと申しますと、錠剤を固めるためのつなぎの役目として玄米が使われています。

玄米や田七人参で作られていて、余計なものは入っていませんので、これらにアレルギーがなければ誰でも取り入れることができます。

田七人参には、サポニンが多く含まれており、その量は高麗人参以上とも言われています。

サポニンには、血流をスムーズにしたりコレステロール値を下げたり、身体の巡りをよくする力があります。

しかし摂り過ぎはよくないので気を付けてくださいね。

サポニンだけでなく、田七人参にはフラボノイドや必須アミノ酸なども含まれていますし、19種類ものアミノ酸が含まれていたり、ミネラルやビタミンも入っています。
白井田七(しらいでんしち)を通販でお得に安く購入する方法

続いて、わかめペプチドについてです。

こちには、血圧上昇を防ぐことが目的のサプリです。

主成分のわかめペプチドとは、わかめに含まれるタンパク質がもとです。

わかめペプチドは、サプリメントですが、機能性表示食品に分類されています。

高い実感力が得られることに期待が持てます。
【理研ビタミン】わかめペプチド粒タイプの口コミ評価レビュー!他の血圧サプリとの違いは何?

さて、どちらを摂るか迷うところだと思います。

そこで簡単な選び方の例ですが、巡りケアとともに心も体もスッキリした毎日を過ごされたい方は、白井田七を。

血圧のみ気になっていてコスパも良い方が良いという方は、わかめペプチド粒タイプから試されてみてはいかがでしょうか。

どちらも公式サイトがありますので、そちらもご覧くださいね。

⇩⇩白井田七公式サイトはこちら!
更年期

⇩⇩わかめペプチド粒タイプ公式サイトはこちら!

気になる高めの血圧に、理研ビタミン わかめペプチド粒タイプ

rU

関連記事: