セロトニンで鬱っぽいのも解消は本当?改善のコツ

セロトニンで鬱っぽいのも解消は本当?改善のコツ

少し難しい話になりますが、脳内伝達物質のホルモンは3つの種類があります。

1つは、ドーパミン、1つは、ノルアドレナリン、1つは、セロトニンです。

それぞれに働きがありますが、その中でセロトニンは、他の2つのホルモンの調節や脳内伝達物質のホルモンバランスを保つ力があります。

このセロトニン、鬱症状に効果的と言われており、抗鬱薬などは、脳内セロトニン量を増やすことで鬱症状を改善する期待が持たれています。

そのセロトニン、薬を使わなくては増やすことはできないのでしょうか。

なんとなく鬱な気分が抜けないけれど、薬を服用するのは抵抗があるという方もいると思います。

症状により、服用して治療が必要な場合もあると思いますが、そうではない、受診する必要はないけれど、鬱な気分が抜けないという方に、セロトニンを薬を使わずに日ごろの活動で増やす方法を紹介します。

それは、癒しのリラックス効果でセロトニンを分泌させる方法です。

癒しの時間、リラックスタイムを保持することで、オキシトシンというホルモンが分泌され、オキシトシンが多く分泌されると間接的にセロトニンの分泌量が増加します。

ストレスも多い忙しい毎日だと思いますが、日常生活の中で意識してリラックスタイムを持つようにしましょう。

セロトニンと鬱症状の関係についてですが、うつ病は、主に自律神経のバランスの乱れにより発症すると言われていますが、自律神経を整えることで鬱症状は改善される効果が期待されており、自律神経を整える効果があるのが、脳内伝達物質のホルモンであるセロトニンなのです。

セロトニンの分泌量が増えると鬱症状が改善されるわけが理解できましたね。

ですから、リラックスタイムを設けることが毎日の生活の中で大切になるのですね。

もう1つセロトニンを増やす方法は、抗うつ薬を使うことです。

鬱に効果的な薬ですし、即効性や高い効果が期待できます。

しかし副作用の心配が気になるかたや、薬を服用したくないと考えている方には向かない方法ですね。

そうは言うものの、治療中の方は薬の服用を自己判断で中止することはやめて、服用をしたくない場合、医師に相談して服用の中止などは決めてください。

また症状により、薬の服用が必要な方もいると思いますので、その場合も医師とよく相談して薬を服用するのか決めるようにしてください。

自己判断はやめましょう。

最後に、受診するほどではないし、薬を使うほどではないけれど、鬱な気分は抜けず熟睡できないという方へ「こころの青汁」を紹介します。

こころの青汁は、休息ハーブのノニが成分で、セロトニン生成に役立つトリプトファンが豊富です。

体内のセロトニンが増えやすく、リラックス効果を高めて気分がよくなりますし、このことから熟睡しやすくなります。
マインドガードDXで理想の睡眠を取り戻す
その他に、クワンソウなど熟睡できる成分が豊富で、しかも無添加なので妊娠中や授乳中も安心して飲める休息ドリンクです。

こころの青汁マインガードDXは、お肌もキレイになる成分が含まれていますし、心の中をスッキリ、またお肌もキレイになりますね。
公式サイト↓
マインドガード

us

関連記事: