プルエルのメリットとデメリットの解決策

プルエルのメリットとデメリットの解決策

( プルエルを飲むことで犠牲しなければいけないことはあるの!)

あなたはきっと、プルエルを飲むことで、何か犠牲になることがあるかもしれないと不安に感じているかもしれませんね。

プルエルは、これまでなかった「太ることを目的としたサプリ」です。

この記事では、プルエルを飲むことで考えられるメリットとデメリットについて、詳しくお話します。

( サプリメントは「中間地帯」のいるという位置付け )

サプリメントは、食べ物と医薬品の「中間地帯」に存在しています。

したがって、医薬品と同じように、飲み忘れを防ぐための自己管理が求められます。

その意味では、自己管理が苦手なひとにとっては、プルエルを続けることはデメリットとなります。

ですが、飲み忘れを防いで自己管理をきちんとすれば、高い効果を得られる確率が増します、

同じコインの裏と表の関係で、デメリットとメリットがあります。

「自己管理」をきちんとするかしないかという行動が、メリットかデメリット、そのどちらかを生むのです。

( そんなにプルエルを飲み忘れるものなの? )

じつを言うとプルエルを飲み忘れたところで、命に関わる症状が何か出てしまう、ということはありません。

もちろんプルエルは、普通の食生活を送れており、太りたい悩みを持つ人向けのサプリメントです。

これがプルエルが持つ、他のサプリメントにはない特徴です。

摂食障害や、持病によって栄養失調が起きやすい人にためのサプリメントではありません(そういった方には、プルエルではない専用のドクター・サプリメントが処方されます)。

従来の「太るための」サプリメントは、摂食障害や持病がある方向けのドクター処方のサプリメントです。

ですがプルエルは、太りたい悩みを持つ方向けに手が届きやすいように、そんな従来のサプリの技術を一般向けに援用したものです。

命に関わりづらく、気軽な気持ちで始められる分、プルエルの飲み忘れも起きやすいのです。

口コミには効果がないことを大々的に謳うものも見られます。

ですが、それはレビュアー自身が、無意識のうちに飲み忘れをしていた可能性があります。

自己管理の徹底という意味で、プルエルはメリットもデメリットも持つのです。

「命に関わらないけれど、太りたい!しかも、手に入りやすい価格とサポート体制!気軽に購入できる!」という良心的すぎるほどのメリットには、裏側があるのです。

それは、「命に関わらないから飲み忘れてもいいし、価格も安いから別に効かなくてもいいし、サポート体制任せで効果が出ればいい」、という裏側です。

そういった自己管理をする気持ちに欠けてしまうデメリットは、良心的なサポート体制と隣合わせです。

中には、良心的なメリットを逆手に取る人もいるものです。

そういった人が足を引っ張ってしまうせいで、プルエルにはあたかもデメリットが多いかのように見えてしまうのですね。

自己管理という犠牲を払いたくない方、払うのを面倒だと思う方には、残念ながら合いません。

しかし、きちんと飲み忘れないようにするためにも、いくつか実行しやすい方法がありますよ。

ピルケースを100円ショップで購入して、常に持ち歩くのもいいでしょう。

サプリメントの容器を丸ごと持ち歩くよりもかさばりません。

手帳に「プルエル」と書いた付箋を貼ることで、自分に注意を促すのもいいですよ。

それか、家族と一緒にプルエルを試す場合には、家族同士でプルエルを飲み忘れていないか、まめにチェックし合うルールを予め作っておくのがいいでしょう。

飲み忘れを防ぐ自己管理の方法は、驚くほど簡単に実行できますよ。

( まとめ )

プルエルのメリットとデメリットは、「飲む人の自己管理によりけり」と言えそうです。

ですが、難しい自己管理ではなくて、日常的な些細な注意だけで良いのです。
プルエル(PLUEL)の口コミと太りたい悩み解決は本当?
過剰にメリットやデメリットを気にする必要はありませんよ。

公式サイト↓

プルエル

u

関連記事: