太るサプリ プルエルはドラッグストア(薬局)でも購入できる?

太るサプリ プルエルはドラッグストア(薬局)でも購入できる?

( どんなサプリメントも、お店で買いたい!)

薬事法が改正され、医薬品やサプリメントの販売体制は、近年変わりました。

薬事法が改正される理由は様々です。

ですが大きい改正であろうと小さい改正であろうと、改正の動機の根本には、「命の安全を絶対に確保できる売り方でなければいけない」という考え方があると言えます。

そもそも医薬品もサプリメントも、人の命や健康を守るという何よりも重大な使命を持っています。

ほんの少しでも成分や売り方を誤れば、命に関わる事態を引き起こしかねません。

ですので、売り方が厳重であることは、避けられないのですね。

サプリメントではない医薬品の場合は、特にそうです。

( サプリメントの買い方も、医薬品同然!?)

薬事法では、やはりサプリメントは効果がおだやかなせいもあってか、医薬品よりも扱いが軽めです。

改正後でもあまり変わりません。

ですが私たちは、医薬品と同じように、サプリメントも厳重な体制で売ってほしいと願います。

なので、ドラッグストアや薬局で、「顔が見える」買い方を望む人が増えています。

インターネットでのサプリメント販売は、顔の見えない不安があるのですね。

もちろんサプリメントは、インターネットでも手軽に買えます。

ですが、医薬品同然の厳重な管理のもとでしか、サプリメントも買いたくないという人がいるのも事実です。

あなたもきっと、インターネットで見たプルエルを、薬局・ドラッグストアで買おうと思っているかもしれませんね。

( サプリメントはあなどれない!)

現代では、粗悪品と偽物が、体に入るサプリメントさえも横行する時代です。

特にサプリメントの場合には、買う場所をきちんと選ばなければ、命にかかわる事態もありえます。

サプリメントは医薬品と違い、補助的役割なので作用はおだやかですから、継続して飲み続けることが大事です。

また、「ドクターズ・サプリメント」という、サプリメントを正式に処方する病院までもあるくらいです
(とはいっても主に、栄養摂取によって治りやすい病気が対象です。もちろん手術が必要なほどの大病には処方されません)。

サプリメントは、医師にも認められている時代なのです。

法律では医薬品よりも扱いが軽くても、サプリメントを絶対にあなどってはいけないのです。

( プルエルは公式サイトからの、インターネット専売品 )

「顔が見える」からと言って、薬剤師さんは必ずしも、サプリメントに詳しい方ではありません。

あくまでも医薬品が専門分野です。

サプリメントは「栄養学」の分野で、その専門家は栄養士さんや栄養学者さんです。

必ずしも、ドラッグストアや薬局で購入できることが「安全」とは言えません。

むしろ、メーカー直売で買うことができる、インターネットのほうが安心です。

正しいサプリメントの知識も、メーカーから直接伺えます。

プルエルは薬局・ドラッグストアでは売っていませんが、たとえ売っていたとしても薬剤師さんはプルエルに造詣がある方だとは言えません。

そんな薬剤師さんのもとで売られていたらどうでしょうか。

あなたはきっと、薬局やドラッグストアで「顔が見える」のに、プルエルを買わないでしょう。

「顔が見える」ことと、「サプリメントの安全性」は一致しません。

少なくともプルエルの場合には、信頼できる公式サイトがあり、安全性もすぐに確認できます。

もちろん、粗悪品と偽物のせいで、命を危機にさらさないためにも、オークションや転売ではなく、公式サイトから買うことが最も安全です(使用期限が切れたサプリメントを買わないことも、命を守る秘訣です)。

プルエル(PLUEL)の口コミと太りたい悩み解決は本当?

(まとめ)

純正品をメーカー直結で手に入れるほど、安全な買い方はありません。

途中で卸売が入る薬局・ドラッグストアは、「顔が見える」とは言っても、その点では安全ではありません。

見えるのは薬剤師さんのお顔で、メーカーから直接買うわけではないのです。

卸売や多くの経路を通るうちに、まがいものが必然的に混ざります。

直接、卸売に立ち会わない薬剤師さんはきっと、それをご存じなく販売されるかもしれません。

プルエルは、公式サイトのみから「純正品」を買うことができます。

もしも薬局やドラッグストアで、プルエルが売られているのを見たら、それは純正品ではなく偽物だと疑ってください(こんなことは、もちろんありえませんが)。

決してメーカーの儲けのためではなく(卸売が介在する売り方のほうが実は儲かりません)、あなたの命を守るために、公式サイトで買う決断が不可欠です。

公式サイト↓
プルエル

u

関連記事: