緑の知恵は妊娠中や授乳中のニキビ対策に使える?

緑の知恵は妊娠中や授乳中のニキビ対策に使える?

妊娠するとニキビができやすくなります。

それまでニキビとは縁のなかった人でも、妊娠してから急にたくさんのニキビができて悩んでいる、という人は少なくありません。

妊娠することによってホルモンバランスが変化し、つわりによって食事が偏りがちになったり人によっては便秘になってしまう、という妊娠特有のカラダや生活の変化によってニキビができやすくなってしまうのです。

この妊娠ニキビは、通常時にできるニキビと同じです。

皮脂が毛穴につまって炎症を起こした状態で、顔のほかにも背中や胸などにもできることがあります。

一般的には、妊娠初期にできやすく妊娠中期に入るとおさまってくるというケースが多いようなのでそれほど気にすることもないのですが、症状があまりに重い場合は、後にニキビ痕が残ってしまうこともありますから、正しいケアが必要です。

このように、ニキビが気になる、ひどいニキビで痕が残らないか心配、という人におすすめなのは「緑の知恵」というニキビケアサプリです。

ところで、妊娠中や授乳中となると医薬品、食事、サプリなど、口に入るものは何でも気をつけなければなりません。

安易に使用して、赤ちゃんに何か影響があっては後悔してもしきれません。

そのような点から見て、この緑の知恵というサプリは大丈夫なのでしょうか?

緑の知恵は、大人ニキビの予防や改善に効果的なサプリメントとして話題となっています。

植物由来の成分がぎゅっと濃縮されていて、製薬会社だからこそできる実感力を大切にしたサプリが緑の知恵です。

この実感が何によってもたらされるのか、緑の知恵の成分をちょっと見てみましょう。

・シソ葉エキス

北海道の契約農家で栽培された安心・安全な減農薬青じそを使用しています。

シソは抗アレルギー作用を期待できます。

・キウイ抽出物

キウイの種子から抽出したエキスで、ポリフェノールが豊富に含まれています。

・大豆イソフラボン

非遺伝子組み換えの大豆胚芽を使用しています。

・クロレラ

必須アミノ酸を9種類も含んでいます。

・アスパラガス

北海道の無農薬栽培で作られています。アスパラの根元部分からエキスを抽出します。

・オリザセラミド

国産の米ぬかや米胚芽から抽出されており、コメ由来スフィンゴ糖脂質を多く含みます。

・テアニン

緑茶に多く含まれており、旨味成分として有名です

・ビタミン

ビタミンC・B2・B6・Eを含有しています

いかがですか?

これらの成分が、ホルモンバランスを整えて、肌の調子を整え、ストレスなども癒してくれるという働きをしてくれます。

植物由来で安心して摂れるだけでなく、1日3粒で健やか美肌へと導いてくれるのが緑の知恵なのです。

妊娠中の女性や授乳中の女性でも安心して服用できますので、妊娠によってできてしまったニキビやニキビ痕の心配をされている方にもおすすめできるんです。
緑の知恵の口コミ!ニキビ改善効果は本当?
もちろん、心配な場合は不安をそのままにせず、担当医師や薬剤師に相談してみてくださいね。

妊娠中や授乳中は様々な変化があって大変です。

そんな中、ニキビの悩みが解消すれば、少しは気持ちも楽になります。

ニキビに悩んでいたら、ぜひ緑の知恵の活用を考えてみて下さい。
公式サイト↓
緑の知恵

u

関連記事: