口臭体臭ケアサプリで妊娠中や授乳中でも安心して飲めるのは何?

口臭体臭ケアサプリで妊娠中や授乳中でも安心して飲めるのは何?

妊娠中や授乳中に自分の体臭が強くなったと感じる経験をされた方はいませんか?

私自身、妊娠中は体臭が強くなった記憶があります。

妊娠中の経過は順調でしたし、仕事も妊娠前と変わらずに勤めていましたし、生活の変化もなかったので、体臭が強くなったことは、妊娠したことが原因と考えられます。

では妊娠中や授乳中は何故体臭が強くなるのでしょう?

原因は、いくつか考えられます。

1つは、妊娠したことによって今まで感じなかったニオイに敏感になり感じ取ってしまうことです。

1つは、女性ホルモンのバランスが変化し、新陳代謝が活発になり体温が上がり、大量に汗をかくようになり、汗臭さや脇の臭いが気になるようになったり、食事に好みの変化から体臭が気になることもあります。

そして、もう1つは、妊娠すると便秘になりやすく、老廃物が溜まりガスの臭い成分が腸壁から吸収され、汗や皮脂と一緒に分泌されるので体臭が強くなることがあります。

これらが妊娠中や授乳中の体臭の主な原因と考えられますが、1つ目の自分自身がニオイに敏感になったことで、自分のニオイが強く感じるということでしたら、周りへの影響はありませんし、強いニオイを発生させているわけではないので気にすることはありませんね。

しかし、自分がニオイに敏感になっているだけで、強いニオイを発生させているのかどうかについては、わかりませんよね。

ですから、やはりニオイが強いと感じる場合は、何か改善したいと思う方が多いかもしれませんね。

そうなると妊娠中や授乳中は薬を使いたくあませんし、サプリメントを使おうと考える方が多いことでしょう。

しかし、体臭改善サプリの多くは、ハーブが使用されており、ハーブの中には妊娠中や授乳中は避けた方が良いものもあるので、注意が必要です。

ローズやモリンガは、子宮収縮作用かあるので、流産や早産のリスクが考えられます。

他にも、セージ・ローズマリー・セントジョーンズワート・ジャスミン・マテ・アンジェリカ・アロエなども妊娠中は避けた方が良いと言われているハーブなので、もしどうしても体臭が気になってサプリメントを取り入れたい場合は、配合されている成分を確認し、妊娠中や授乳中には控えるべきものは使用しないでくださいね。

妊娠中や授乳中の多くの方が、同じようなことで悩むものなので、自分だけではありませんし、あまり気にしないで良いと思いますよ。

でも、やっぱり気になるから何か改善策があればやりたいという方は「楽臭生活(らくしゅうせいかつ)」をオススメします。
楽臭生活は、授乳中や妊娠中にも飲める?

楽臭生活の全成分は、シャンピニオン、還元乳糖、食物繊維含有デキストリン、オリゴ糖、有胞子性乳酸菌、結晶セルロース、ショ糖エステルとなっており、これらの中にアレルギーがなければ、妊娠中や授乳中の使用が問題ありません。

腸内改善もできるオリゴ糖や乳酸菌も含まれるので、便秘対策にもなりますし、便秘が改善されることで、そのことが原因の体臭や口臭も改善効果が期待できます。

妊娠中や授乳中の体臭ケアには、安心の楽臭生活をお試しください。

公式サイト↓


us

関連記事: