更年期障害の症状を緩和するために自宅でできる方法

更年期障害の症状を緩和するために自宅でできる方法についてです。

女性は閉経する前から、閉経後まで約10年間更年期障害が起こります。
症状は軽い人もいれば、重く辛い人もいます。
これは生理痛が軽い人と重い人がいるのと同じことですね。

更年期かもと思われる症状が現れ辛い場合は医療機関を受診されるといいと思いますが、自宅でも緩和する方法があります。

大切なことは、食生活を中心として生活習慣の見直しと改善、リラックスすることを積極的に取り入れるようにする心掛けです。

更年期障害の症状として
・脂肪が燃焼しにくくなり肥満になりやすくなる
・コレステロールが増加し、血圧が上がり動脈硬化などの生活習慣病になりやすくなる
・骨量が減り、骨粗しょう症になりやすくなる
・脳の元気がなくなり、記憶力や集中力が低下する
などが起こりやすくなります。

そのための対応として、野菜中心で食物繊維を多く摂ることを心掛けましょう。

食物繊維を多く摂ると、脂肪の速やかな排出に繋がります。

骨の定着化に必要なビタミンDや骨からのカルシウムが流出するのを防ぐビタミンK、肌の調子を整えるビタミンCやB群、血流をよくするビタミンAやビタミンEなどを含む野菜を積極的に摂りたいものです。

タンパク質は、肉よりも魚や大豆製品(納豆や豆乳や豆腐など)から摂るようにしましょう。
nattou

不足しがちな栄養素はサプリメントを使うのもいいでしょう。
更年期障害改善にも効果的と人気のサプリメントはいろいろありますね。
中でも白井田七が更年期障害改善やエイジングケアにも効果と特に人気です。

糖尿病や肝臓病や貧血、高血圧が気になる方にも血液サラサラにすると人気です。
詳しくは→血液サラサラ、世界が認めた白井田七

体調不良になると、動くのが億劫になりますが、可能なようでしたら、定期的に運動をする習慣をつけるといいですね。

身体を動かすことで、身体全体の血流アップと免疫力アップも計れ、代謝をよくしたり、心の健康にもつながります。

普段、健康に良いと言われていることを行うだけでも改善されるということがわかりました。

辛い時は無理をせず、受診をすると症状に合った薬を処方してくれるでしょうし、併せて自宅でも食生活や習慣を見直し改善することで、更年期障害の症状も緩和されますように。

yu

関連記事: