こむらがえりって?足がつるのとどう違うの?

こむらがえりって?足がつるのとどう違うの?

こむらがえりと足がつるのは足がつるというほうがよく聞きますよね。

こむらがえりは腓返りと書き、腓はふくらはぎの事です。

ふくらはぎはすねの後ろ側の柔らかい部分でこの部分がつることです。

こむらがえりはとても痛くて、治るまでは立てません。

筋肉が緊張した状態なのです。

私も経験がありますが、激痛で動けなくなります。

なんと成人の3割の人が月に1回以上は起こっているそうです。

また、年齢と共に睡眠中に起こる事もあり、急にこむらがえりを起こす事があります。

睡眠中に起こる原因は脚が伸びていて、ふくらはぎ部分が収縮している状態なので運動神経に伝達される過程で異常を起こしやすいのです。

また、筋肉疲労によっても起こる事もあり、長期間の立ち仕事の後に起こる事もあります。

あとは、筋肉を冷やす事でも起こります。

さらに、体内の水分不足やミネラル不足、電解質不足によっても起こります。

また、妊娠中や妊娠の後期には特に起こりやすくなります。

これはお腹が大きくなると血管が圧迫され、血行不良となり、急激な体重増加やお腹が出る事で足の筋肉に負担がかかるからです。

では、足がつるとどう違うかというと、足がつるはこむらがえりもふくめて足がつるという意味です。

中でもふくらはぎはこむらがえり、足の裏がつった場合は足がつるとよく使うと思います。

頻繁に足がつるのでしたら、こむらくだというサプリメントをおすすめします。

こむらくだは天然由来の優しい成分が配合されており、身体に必要な栄養を摂る事ができます。

1日5粒を飲むだけで嫌な症状から解放されます。

配合されている成分はカルシウムとマグネシウムの最高の配合バランスで入っています。

ヒハツが配合されており、コショウの仲間です。

ヒハツは身体のめぐりをサポートして、冬の寒さや夏場のクーラーから守ってくれます。

じわじわと暖かくなるようなタイプなので身体全体のめぐりを良くして、持続させます。

さらに、他の栄養素の吸収も良くしてくれるのでおすすめなのです。

そして、しょうがも配合されています。

しょうがも身体のめぐりには欠かせません。

しょうがは身体をいきいきと元気にしてくれます。

実際にこむらくだを飲んだ方はいきなりくるピキーンに悩む事が無くなったそうです。

夜中に何度も起きたり、思うように運動できなくなったり、寝不足になったりもしなくたった方が大勢います。

睡眠不足によりイライラしたりも減ります。

まずは、お試しして頂き、3ヵ月続けてみると良いかと思います。

最近足がつりやすいなら、ぜひ参考になさってみてください。

こむらくだに副作用はある?

rU

関連記事: