子供の起立性調節障害の原因は何?サプリや食べ物の改善で対策可能?

子供の起立性調節障害の原因は何?サプリや食べ物の改善で対策可能?

ある日、知り合いの方から相談をされました。

知り合いのお子さんのことです。

お子さんは学生で、新年度を迎え新しい環境に戸惑いながらも毎日が新鮮で楽しんで学校に通っていたそうです。

しかし少しすると朝の様子に異変が感じるようになりました。

それまでは自分で朝起きて来られたのに、起こさないと起きられなくなり、機嫌が悪かったり、ぼんやりしていたりしています。

朝食を食べるだけでも出発の時間ギリギリになる日が続き、疲れが出たかなと思っていたそうですが、そういう様子は朝のみで帰宅後は元気に過ごしているとのことです。

多くの人は学生に限らず社会人でも主婦でも朝起きるのは辛いものですよね。

ですから、知り合いも学校生活に慣れてくれば回復するかと思って様子を見ていたけれど、回復する様子がないと話してくれました。

この話を聞いて私は、知り合いのお子さんは「起立性調節障害」ではないかと思いました。

軽ければ生活態度を見直したりするだけでケアできますが、重くなると生活そのものが困難になり通院が必要になります。

ストレスや精神的なことが原因で起こる症状と言われている起立性調節障害は、イライラしがちだったり、反対に落ち込んだり、ぼーっとしたり、だらけてしたりすることが多くなるので、行動からも気づけると思います。

本当に見極めるためには病院を受診すると良いですね。

立っていると気持ちが揺らいだり、気分が悪くなることもあるそうです。

病院を受診すると薬も出してもらえると思いますし、そうすることがケアに確実かなと思うのですが、副作用に注意が必要です。

薬を使うと良い面ももちろんありますが、自然に回復させるわけではないので、副作用で吐き気やめまい、頭痛が起こることもあります。

状況により薬を使うべき場合もあると思うので、お医者さんと相談して決めると良いですね。

でも軽度で、薬を使わなくても大丈夫な場合もあります。

まず不安定な気持ちを落ち着かせることが必要です。

しかし他人をリラックスさせるって難しいですよね。

自分のストレス解消とは違うので、それが例え自分の子どもだとしても自分ではないので、気持ちを落ち着かせるといってもどうしたら良いのか正直わからないと思います。

不安を打ち明けてくれると良いのですが、それも難しいこともあると思います。

子どもも第三者だと相談しやすいけれど、親だと言いにくいということもあると思いますしね。

そこで、リラックス成分を摂ってみるのが良いかなと思ったのです。

食事やサプリで、セロトニンが増えるものを積極的に摂ると良いですよ

しかし、それにこだわりすぎずバランスの良い食事を摂ることも大切です。

頭痛や片頭痛が酷い場合は、ビタミンB2やマグネシウムを摂ると良いです。

脂っぽいものは控えた方が良いです。

ビタミンやミネラルも摂ると良いですね。

たんぱく質も大切です。

水分も大切です。

水分は、ジュースなどではなく水道水やミネラルウォーター等、「」を飲みましょう。

リラックス成分のギャバも摂ると良いです。

しかし、バランスの良い食事、積極的に摂りたい成分等を知っても実際に取り入れるのって難しい面もあると思います。

◆そこで「マインガードDX(こころの青汁)」は、いかがでしょうか。

リラックス成分が豊富に入っているドリンクタイプのサプリメントです。

朝なかなか起きれないと悩む子供にも人気ですよ。
子供の起立性調節障害の原因と対策!食事の改善やサプリ

薬は使いたくないけれど、食事だけでは難しいという場合、セロトニンが増えるのをサポートできるマインガードDXは強い味方になってくれると思います。

⇩⇩お得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
起立性調節障害

関連記事:



2017年11月18日 子供の起立性調節障害の原因は何?サプリや食べ物の改善で対策可能? はコメントを受け付けていません 子供の悩み