日向当帰茶でアレルギー改善のコツ

血糖値や血圧が気になる人に口コミでも人気の日向当帰茶ですが、

アレルギーの改善にもおすすめです。

日向当帰茶にはさまざまな効能があるとされていますが、

アレルギーに関連するものとして、

アレルギー反応を引き起こすロイコトリエンB4やC4の活性を抑制する作用があることが知られています。

アレルギーというと、ヒスタミンが有名ですが、実はヒスタミンだけではありません。

ロイコトリエンB4やC4が生成され、気管支が収縮したり、

血管浸透性の増大による浮腫や血管拡張作用、

そして白血球リゾチームを発生させることで、アレルギー症状を引き起こしたりもします。

日向当帰茶は、これらの症状のもととなるロイコトリエンの活性を抑えることで、

アレルギー症状の緩和に有効とされています。

特に、ロイコトリエンは、花粉症や気管支喘息に大きく関与する物質ですので、

これからの花粉の季節が気になる人は、

ぜひ日向当帰茶で早めの対策をしておくのがおすすめですよね。
日向当帰の効果と口コミ

花粉症の市販薬は、眠気のあるものも多いですし、飲み忘れるとかなり辛いです。

普段からお茶や飲料の代わりに日向当帰茶を飲むようにしておくと、

アレルギー体質の改善にも期待できますよ。

日向当帰茶の飲み方のコツは、とても簡単です。

1.5リットルのお湯に日向当帰茶1袋を入れて5分放置するだけです。

ティーバッグタイプなので計量の手間も要らず便利なのもポイントが高いですよね。

*2015/08/31追記
日向当帰は、販売終了しています。
代わりというか、薬用人参系で一番人気があって効果があると評価が高いのは白井田七(しらいでんしち)です。
妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。
血液サラサラで更年期も貧血も糖尿病も高血圧も肝臓も改善に導くと評判です。
公式サイト↓
白井田七

関連記事: