日向当帰茶で更年期障害は改善する?

日向当帰茶は更年期障害にもおすすめの健康茶です。

更年期障害というと、閉経前後に女性ホルモンの分泌量が低下することで、

ホルモンバランスがみだれ、頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感、寝つきが悪いなどの、

つらい症状が現れますよね。

体調の不調だけでなく、精神的な不調も伴うのが本当につらいものです。

そんな更年期障害に、どうして日向当帰茶が良いのかというと、

日向当帰茶に含まれる日向当帰には、ホルモン分泌を促進し、

自律神経のバランスを整える働きがあるからなんです。

日向当帰には、副交感神経を優位にし、末梢までの血の巡りを良くする作用があります。
日向当帰の効果と口コミ

それにより末端の細胞にまで十分酸素や栄養素が届くので、代謝もよくなり、

肩こりや頭痛などの症状が緩和されます。

また、女性ホルモンのバランスも整うため、倦怠感やイライラなどの精神的な症状にも

改善が期待できます。

さらに、日向当帰には、ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、

滋養強壮効果や肌荒れの改善にも期待できます。

このように、日向当帰には、女性に嬉しい作用がいっぱいあることがわかっていますので、

更年期障害だけでなく、生理前のPMSや女性特有の、

原因のわからないイライラ(不定愁訴)などにも効果がかなり期待できますよ。

病気でもないのに、なんだか体調がすぐれない、

メンタルも弱っている…などの悩みを持つ人は、自律神経系の調整に良い効果を期待できるので、ぜひ一度日向当帰茶を試してみてくださいね。

*2015/08/31追記
日向当帰は、販売終了しています。
代わりというか、薬用人参系で一番人気があって効果があると評価が高いのは白井田七(しらいでんしち)です。
妊娠中や授乳中でも安心して飲めます。
血液サラサラで更年期も貧血も糖尿病も高血圧も肝臓も改善に導くと評判です。
公式サイト↓
白井田七

関連記事: