下痢体質で辛い!食事や生活習慣で改善する?

下痢体質で辛い!食事や生活習慣で改善する?

下痢体質でお悩みの方、多くいるのではないでしょうか?

下痢をストップさせる薬なども色々と市販されているようですし、同じ悩みを抱えている方が多くいるのだと思います。

しかし、同じ悩みを持つ方が多いからと言って、その辛い下痢が治るわけではありませんし、なんとかしたいものですよね。

辛い下痢が2週間以上続く状態を慢性下痢と言うそうです。

うちの主人も下痢と便秘を繰り返す体質のようで、辛そうです。

慢性的な下痢は食事や生活習慣で改善できるのでしょうか。

よく冷たいものを飲みすぎたり、食べ過ぎたり、冷たいものではなくても暴飲暴食で下痢になることはありますよね。

私の周りでも「昨日食べ過ぎちゃって~」とか「飲み過ぎちゃって~」と、トイレに駆け込む人がいます。

私自身も、若い頃は食べ過ぎてもなんともなかったものの最近はランチバイキングなどで食べ過ぎて、締めに冷たい飲み物を一気飲み(紅茶でしたが)したら、途端に下痢に見舞われたことがあります。

外出先で、本当に辛かったですね。

食べ過ぎと冷えの両方からの下痢だと思い、数日間続きましたが、お腹を温めお腹に優しい食事を心掛け改善しました。

その後も無理して食べないようにしたり、夏でも冷たい物は飲み過ぎないようにしたり気をつけています。

話を戻しますね。

このように、一過性の下痢もありますが、他にも毎日の食生活に下痢を引き起こすことがあります。

例えば、アルコールです。

もう1つは、高脂肪食です。

アルコールに関しては、父が以前入院中にアルコールを摂らない生活になったら便秘してしまい、退院してアルコールを摂るようになったら便秘も改善したと話していました。

病院生活という慣れない場で、あまり動くこともなく、アルコールが直接の原因ではないと思いますが、少なからず関係しているかもしれないと思います。

このことから、やはりアルコールの摂り過ぎは下痢につながるということなのでしょうね。

また高脂肪食についてですが、刺激物ではないものの、脂肪の摂り過ぎも下痢を引き起こします。

他には、牛乳の乳糖が分解できず下痢になる方もいますし、その他の食べ物や飲み物でも食物アレルギーで下痢をすることもあります。

では、どうしたらいいのか?ですが、飲みものは、ぬるめか温かいもの、ノンカフェインのもの、ほうじ茶などがいいですね。

食べ物は、消化のよいものを選びましょう。

大豆製品は、たんぱく質が含まれていて且つ胃腸にも優しいのでオススメです。

ご飯やうどんなどの主食も、胃腸が回復するまでは柔らかくしたものを食べるといいですよ。

また梅干しは、胃腸の働きを整えてくれるので、ご飯と梅干しの組み合わせがオススメです。

体調が悪い時、お粥に梅干しを乗せて食べるのは、そういうことからだったのですね。

デザートは、バナナやリンゴ、常温のヨーグルトなどがいいですよ。
嗜好品は、下痢を悪化させる原因になりかねるので、控えた方が無難です。

食事以外にも改善するための方法があるので紹介します。

それは、ストレスを抱え込まないようにすることです。

また、しっかり睡眠をとることも大切です。

体を冷やすこともよくないので、クーラーのかかった室内で過ごす時は気を付けてください。

また、その下痢が慢性的な体質的なものでしたら、食事や生活の中で改善が見込まれますが、感染症で下痢になることもあります。

そのときは、受診する必要がある場合もあるので、下痢がひどく、治まらない場合は病気からの下痢も考えられるので受診した方がよいかもしれません。

病気でもなく、食事や生活習慣を改善したけれど下痢が改善されない場合、「黒梅日和(くろうめびより)」を飲んでみてはいかがでしょう。

腸内環境を改善できるので、現在の下痢の改善もできますし、根本的に下痢体質の対策になると評判です。
黒梅日和(くろうめびより)の本音のクチコミ!下痢改善サプリとは?
子供から高齢の方まで、どなたでも摂れますが、妊娠中や授乳中の方は、ガジュツという紫ウコンの成分が少し強く作用するので控えてくださいね。

詳しくは、公式サイトをご覧ください。

公式サイト↓
黒梅日和

u

関連記事: