日向当帰茶は、妊娠中や授乳中も飲める?

血圧や血糖値が気になる人におすすめと評判の日向当帰茶ですが、

妊娠中や授乳中でも飲めるのでしょうか?

とくに、妊娠中は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクがある妊婦さんも、

最近は増えてきているので、日向当帰を飲んでこういったリスクの予防ができるなら、

そこで、日向当帰茶について調べてみました。 「日向当帰茶は、妊娠中や授乳中も飲める?」の続きを読む…

日向当帰茶で更年期障害は改善する?

日向当帰茶は更年期障害にもおすすめの健康茶です。

更年期障害というと、閉経前後に女性ホルモンの分泌量が低下することで、

ホルモンバランスがみだれ、頭痛、肩こり、イライラ、倦怠感、寝つきが悪いなどの、

つらい症状が現れますよね。

体調の不調だけでなく、精神的な不調も伴うのが本当につらいものです。

そんな更年期障害に、どうして日向当帰茶が良いのかというと、

日向当帰茶に含まれる日向当帰には、ホルモン分泌を促進し、

自律神経のバランスを整える働きがあるからなんです。 「日向当帰茶で更年期障害は改善する?」の続きを読む…

日向当帰茶でアンチエイジングは可能?

九州で昔から神の草とも呼ばれていた薬草「日向当帰」を使った日向当帰茶は、

アンチエイジングにも期待できます。

日向当帰は、「ヒュウガトウキ」という表記で表されることもある生薬で糖尿病や、

高血圧におすすめとされていますが、それ以外にもさまざまな効果があるとされています。

特に女性に嬉しい効果としてあげられるのがアンチエイジングです。 「日向当帰茶でアンチエイジングは可能?」の続きを読む…

日向当帰茶に抗がん作用がある理由

九州原産の日向当帰には、抗がん作用があると言われています。

では、口コミで人気の日向当帰茶にも同様に抗がん作用があるのでしょうか。

そして、そもそも日向当帰にはどうして抗がん作用があるのでしょうか。

今回は、その理由について調べてみました。 「日向当帰茶に抗がん作用がある理由」の続きを読む…

日向当帰茶でアレルギー改善のコツ

血糖値や血圧が気になる人に口コミでも人気の日向当帰茶ですが、

アレルギーの改善にもおすすめです。

日向当帰茶にはさまざまな効能があるとされていますが、

アレルギーに関連するものとして、

アレルギー反応を引き起こすロイコトリエンB4やC4の活性を抑制する作用があることが知られています。

アレルギーというと、ヒスタミンが有名ですが、実はヒスタミンだけではありません。 「日向当帰茶でアレルギー改善のコツ」の続きを読む…

日向当帰茶で冷え性改善のコツ

江戸時代から神の草と呼ばれ日本人に愛用されてきた九州高千穂を原産とする

日本山人参の一種、日向当帰で作られた日向当帰茶は冷え性にもおすすめです。

日向当帰には、ノルアドレナリンの作用を抑え、

血流を良くし代謝を活発にしてくれる作用があることがわかっています。

冷え性は血流が悪く新陳代謝が悪くなっていることが原因で起こる症状ですから、

日向当帰茶で辛い冷え性の悩みを改善することができますね。 「日向当帰茶で冷え性改善のコツ」の続きを読む…

日向当帰茶で高血圧改善のコツ

高血圧は、言葉通り、血圧が高い状態をいいますが、

これをそのままにしておくと動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞など、

命にかかわる病気に発展するリスクがある非常に強い病気ですよね。

でも、高血圧で薬をずっと飲み続けるとなると頭痛、動悸、息切れ、めまいなどの、

副作用も気になりますよね。

そこでおすすめなのが日向当帰茶です。 「日向当帰茶で高血圧改善のコツ」の続きを読む…

日向当帰茶で花粉症改善のコツ

血糖値や血圧が気になる方に口コミで人気の健康茶&サプリの日向当帰茶、

日向当帰サプリですが、糖尿病や高血圧だけではなく、

花粉症などのアレルギーに悩む人にもおすすめなんですよ。

日向当帰と末梢神経でのインスリンの働きを高めたり、

血小板凝集を抑制し血液の流れを良くするということでよく知られています。 「日向当帰茶で花粉症改善のコツ」の続きを読む…

日向当帰茶で糖尿病改善のコツ

日向当帰は、江戸時代から「神の草」などと呼ばれ、

珍重されてきたセリ科の植物で日本山人参の別名でも知られています。

九州を中心に栽培されてきて、民間療法として愛用されてきたこの日向当帰には様々な健康効果があるとされています。

今回は特に糖尿病の改善効果についてご紹介したいと思います。 「日向当帰茶で糖尿病改善のコツ」の続きを読む…