ベジママが多嚢胞性卵巣症候群に効果の理由

ベジママが多嚢胞性卵巣症候群に効果の理由

多嚢胞性卵巣症候群という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

少し難しい、聞きなれない言葉かもしれませんが、これは排卵障害の1つです。

通常、月に1回排卵し、妊娠しないと月経が起こるわけですが、多嚢胞性卵巣症候群は、この排卵が起こりにくく、月経不順や無月経になる状態のことを指します。

排卵障害が起こると、妊娠を望んでいる方が妊娠しにくくなるということですね。

不妊に悩む方で、この排卵障害がある方が多いと言われているのです。

妊娠を現段階では望んでいないという方も、排卵障害や無月経は、将来妊娠を望むようになった時にも影響が残るかもしれません。

何年も前の話になりますが、私も無月経になった時期がありました。

原因は結局わからないままですが、無月経だった数か月間、更年期のような症状があったり、身体が辛かったですね。

その後、婦人科を受診し薬を何年間も使って治療を続けました。

まだ20代前半未婚でしたので、将来のことが心配でした。

数年後、治療は続けている状態で結婚し、妊娠できるか本当に心配でした。

病院に定期的に通うのは仕事をしながら大変でしたし、できればサプリメントなどで改善できたら良いなあと思い、いくつかのサプリメント(大豆イソフラボンなど)を試しましたが効果はなく、最終的に婦人科にお世話になったわけですが、今は、良いものがあることを知りました。

それは『ベジママ』です。

ベジママは、妊活中の方や妊娠中の方に人気のあるサプリですが、これが多嚢胞性卵巣症候群の改善にも効果が期待できるというのです。

それは、ピニトールという成分が配合されており、これが多嚢胞性卵巣症候群に効果があると考えられているからです。

ホルモンバランスを正常に戻す作用があり、排卵障害の改善効果が期待できるというわけです。

欧米では、医療現場でも使われているそうで、その効果に大きな期待が持てますね。

ベジママは、葉酸を積極的に摂取したいとお考えの妊娠中の方、妊娠を望んでいる方、排卵障害の改善へのサポートもしてくれます。
妊活サプリVEGEMAMA(ベジママ)の口コミと効果

もし、今は妊娠を望んでいなくても、無月経や排卵障害は放置していいものではありません。
ベジママで気軽に改善してみませんか。
公式サイト↓
ベジママ

関連記事: