青汁リッチグリーンは生きた酵素入りで飲みやすい本物志向

青汁リッチグリーンは生きた酵素入りで飲みやすい本物志向です。

ケンプリアの生搾り青汁のリッチグリーンは生の酵素が入っていることで話題になっています。

体の中に存在する酵素は、年齢とともに減少していきます。

減少した分の酵素を補うためには、食事から酵素を取り入れなければなりません。

酵素とは、人や生物が生きるために必要不可欠なもので、消化・吸収・代謝・排泄など体の働きとしてなくてはならない重要なものです。

熱に弱いので、酵素を補うためには生野菜を食べるしかありません。

現代の日本人は食事の欧米化によって、全世代で目標ラインの1日350gという野菜の量を摂れていないのが現実です。

そしてそれをクリアしようと頑張って生野菜を1日350g摂ったとしても、生野菜の栄養素や酵素は野菜の細胞壁(繊維)によって守られているため、人の体に吸収しづらいものとなっているのです。

青汁リッチグリーンは独自の活性酵素法で無農薬の大麦若葉を「生絞り」にし、野菜の栄養素と酵素をぎゅっと詰め込んだものです。
美味しい&酵素が生きてる青汁【リッチグリーン】

青汁を作る時にシェイカーで振ってみると泡立ちますが、これは生きた酵素が豊富な証拠です。

他の青汁との大きな違いは、リッチグリーンは酵素が元気で国産の希少な赤神力(あかしんりき)という大麦若葉のみが使用されている点です。

大麦若葉は青汁のクセのある味が苦手な人でも飲みやすいですし、葉が大きいことで有名な特別な品種を「生絞り」にして使用しているため酵素も元気なまま体に取り入れることができるのです。

他の青汁のようなざらつき感が少なくて吸収性に優れ、後味も良いというのも人気の理由のひとつです。

酵素は熱に弱いので、熱処理をしている青汁は酵素も壊れています。

お水に溶かした時にしっかり泡立てば酵素が元気と考えられます。

リッチグリーンの泡立ちは元気な酵素が豊富な証ですので、酵素パワーをしっかりもらうことができます。

元気な酵素は体内で消化酵素を助けますので、便秘改善効果や腸内環境改善効果等も期待できます。

腸内環境がよくなることで、免疫力もアップしますし、代謝も上るので太りにくい体質になれます。

リッチグリーンは大麦若葉という素材そのものを活かした製品で、成分は大麦若葉と食物繊維であるデキストリンしか入っていません。

完全無添加で無農薬なので、安心して続けられるのも良い点です。

大麦若葉一種類ではありますが、赤神力という大麦若葉自体にビタミン、ミネラル、ポリフェノール、酵素などの健康と美容に良い成分が豊富に入っているので、健康にも美容にもおすすめなのです。

不規則な生活の方や野菜が苦手な方や肌荒れしやすい方便秘気味だったり疲れやすい方にぴったりです。
公式サイト→美味しい&酵素が生きてる青汁【リッチグリーン】
richgreen

関連記事: