酵母と乳酸菌の違いと健康増進効果

酵母と乳酸菌は2つとも健康増進効果があります。
しかし、2つには大きな違いがあります。

まず生物的に見た違いを説明します。

酵母とは細胞の中に細胞核をもつ真核生物です。
細胞内にはミトコンドリアもいます。

乳酸菌は細胞核を持たない原核生物です。

次にそれぞれが作りだすものを説明します。

酵母は糖を分解することで
アルコールと炭酸ガスを発生させます。
さらに酵母は、体内で酵素も作り出します。
漢字の通り、酵素の母親になるわけですね。

乳酸菌は、糖から乳酸を作ります。
こちらは字のまんまですね。

次にそれぞれの働きです。

酵母は、酵素として体内で働きます。
そうすることで、代謝が上がったり消化が促進されたりします。
そのため、太りにくくなるのでダイエット効果があるわけです。

一方乳酸菌は、口の中と腸内で働きます。
乳酸菌は、善玉菌として働きます。
そのため、腸内環境を整えることで
便秘の解消や新陳代謝を良くしてくれたりします。

このように酵母と乳酸菌は、
それぞれ違う働きをしてくれます。
この2つを上手く組み合わせて摂ることで、
健康増進に繋がっていくわけです。

酵母と乳酸菌を一度に摂りたいと思ったら
「乳酸菌革命super」と言う健康食品を試すといいです。
乳酸菌革命superは酵母と乳酸菌の両方を含んでいます。
手軽に両方摂ることが出来ます。
1,600億個の生きて届くWの乳酸菌を配合!【乳酸菌革命super】

どちらか一方だけ摂るより、
両方摂った方が健康には良いでしょう。
自分に合った摂り方で、積極的に摂りましょう。

関連記事: