群発頭痛の対策

群発頭痛の対策についてです。

群発頭痛とは?

偏頭痛などは、聞いたことがある方も多いと思いますが
「群発頭痛」は、初めて聞くという人もいるかもしれません。

「群発頭痛」とは、別名「自殺頭痛」とまで呼ばれています。

激しい痛みが襲ってくる頭痛というのは「自殺頭痛」というので、おわかりかと思います。

通称、頭痛の中で最も激しい頭痛と言われていて、痛みの特徴は、目の周りをえぐられる痛み。

1000人に1人が発症すると言われています。

群発頭痛と診断されるまでには、発症から平均6年かかる診断も難しい頭痛。

群発頭痛の発症は、25〜40歳代の働き盛りに多い、頭痛が連日続く、発症時間帯が、深夜に多いことが特徴です。

=社会的損失が非常に大きな頭痛です。

群発頭痛は、通常の頭痛と違って

1日の決まった時間(定期的な時間帯)に、必ず頭痛が訪れ、痛みの持続時間がほぼ一定なんです。
=脳の体内時計に関係していると考えられています。

この怖ーい「群発頭痛」の治療対策として。

1・禁煙をする。

タバコを吸う人に多いことも群発頭痛の特徴です。

群発頭痛を治したいのならば、禁煙を開始されることを強くオススメします。

激しい頭痛から解放されるためにも、禁煙しましょう。

今は禁煙サプリでRESMO 【レスモ】も評判です。

2・純酸素を吸う。

純酸素を20分程度吸入することで、群発頭痛による痛みが和らぎます。

3・禁酒する。

アルコールで、群発頭痛が誘発される可能性が高いので、禁酒しましょう。

4・医療機関に行き、薬を処方してもらう。

薬物療法は、酸素吸引と並行して行われます。

治療に処方される薬は、トリプタン系の薬で、専用の注射器で薬を投与します。

このような群発頭痛の症状は、

頭痛と、同時に、片目の周りと目の奥がえぐられるような激しい痛みを伴い始めます。

その他に、涙が出始め、鼻水や鼻づまり、目が真っ赤になり充血し始めて、まぶたが腫れて垂れ下がるなどの
症状が出てきます。

群発頭痛が起こっている時には、じっとしていられないほどの痛みが続きます。

痛すぎて、部屋をのたうちまわるなどの激しい行動を伴う方もいるようです。

男性が、女性よりも5倍多く発症するといわれています。

しかし、最近は、女性の社会進出や喫煙率のアップから、性差はなくなったとデーターがあります。

群発頭痛の持続時間は、だいたい15分から200分で、人によって異なります。

また、頻度は、一日1回〜10回程度おこり、発症時間が、深夜の1時〜3時といった時間帯に発症するので、
睡眠不足も深刻な問題となります。

群発頭痛は、今、現在、様々な治療方法があります。

上記の症状で、
自分に当てはまるな?と思った方は、1回、専門医に相談してみることをオススメします。

★群発頭痛かどうか、はっきりしないので専門医にかかるほどではないと、思う方は、頭痛サプリメントの「ずきしらずの実」を試してみてください。
レビュー→緊張型頭痛や群発頭痛も改善!ずきしらずの実

群発頭痛も改善する!と口コミで人気です。
『ずきしらずの実』

関連記事: