生理前の頭痛を改善する方法

生理前の頭痛を改善する方法についてです。

生理前になると、何故か毎月頭痛に悩まされるという方も多いと思います。

あなたは、このような生理前の頭痛はどのように対処していますか?

ひたすら我慢?頭痛薬で緩和?

ほとんどの方が、このように対処しているのではないでしょうか。

ですが、その頭痛。

もしかしたら、月経前症候群ではありませんか?

月経前症候群(通称PMS)は、生理前10日間ほどに不快な症状が現れる方のことを指します。

主に、頭痛・体調不良・うつ状態・イライラ・倦怠感。

このような症状が出るケースが多く、ひどい方は、日常生活に支障をきたします。

そんな辛い症状を緩和するためには、いくつかの方法があると言われています。

まずは、低用量ピルでホルモンを管理する方法です。

頭痛などのPMSから起きる症状は、女性ホルモンである「エストロゲン」が関係していることから発生します。

そのエストロゲンをピルで完全に管理するため、ある程度の制御ができるようになるのです。

ただし、ピルの服用に関しては、副作用なども社会問題となっていますので、医師と相談のうえで、慎重に検討する必要性があります。

頭痛は、血管の拡張により発生しますので、寒暖差の激しい場所やお風呂などは特に注意が必要です。

それがきっかけとなりPMSが悪化するケースもあります。

我慢できない頭痛は、対処療法として痛み止めを使うことで、痛みをシャットアウトするというのも、時には有効です。

ただそれが常習化すると副作用で胃痛が起きたりしますから、注意です。

ふだんは、体質改善の意味でも女性専用の漢方薬を飲むといいです。
即効性はありませんが、時間をかけて生薬の力で症状を緩和します。

例えば、和漢のきもちという漢方薬が、PMSの症状や生理前の頭痛や生理痛、冷え性、更年期障害など女性の深い悩みを解決すると口コミでも人気です。
【和漢のきもち】

0-70

関連記事: