桃花スリム茶は活性酸素も除去

桃花スリム茶は活性酸素も除去します。

12種類の厳選された天然ハーブが独自の黄金比率で配合され、無理なく自然なお通じとなるように開発された人気のお茶「桃花スリム」は、老化の原因の活性酸素除去のサポートもしてくれる頼りになるお茶です。

12種類の天然ハーブとはローズヒップ、ゴボウ根、黒大豆、キャンドルブッシュ、バラ花、ハトムギ、ハイビスカス、ショウガ、柿葉、ルイボス、マクイベリー、ハニーブッシュ。

どれも残量農薬分析試験など厳しい基準をクリアした天然ハーブのみを使用しているので、安心して飲めます。

この12種類の中に、活性酸素除去をサポートしてくれる天然ハーブがあります。

ひとつはビタミンCがたっぷり含まれているローズヒップで、もうひとつはマクイベリーというチリ南部原産のスーパーフルーツです。

ローズヒップに含まれる豊富なビタミンCはシミやシミ予防など美白作用でお馴染みですが、これは活性酸素を除去する抗酸化作用があるからこその働きです。

また、スーパーフルーツと呼ばれているマクイベリーは、人気のアサイーの約2倍もの活性酸素を除去する効力を持つ優れたフルーツ。

抗酸化除去作用を持つベリー類の中でもマクイベリーはとくに優れた働きをしてくれるので、これが含まれていることでエイジングケアもできてしまうということです。

活性酸素は主に紫外線、排気ガス、タバコ、ストレス、激しいスポーツなどが原因で発生しますが、活性酸素は遺伝子を傷つけて生活習慣病や癌を発生させたり体を錆びさせて老化を促進させてしまいます。

つまり活性酸素はアンチエイジングや美容の敵とも言えるので、これを抗酸化作用によって除去できるということは健康にも美容にもとてもメリットがあるのです。

桃花スリムは桃の味や風味のするお茶で美味しく飲むことが出来ますし、便秘改善や生活習慣の乱れに効果があり、体を温めてくれる成分や美容成分、ハーブが原料となっています。

体に優しく気になるカロリーも低く、ネットや通販の口コミでも幅広い年代の人から支持されていますよ。

ノンカフェインなので寝る前に飲めますし、自分の好みの濃度にすることもできます。

ただし、桃花スリムに含まれるキャンドルブッシュは、妊娠中の人は注意した方が良い成分です。

かかりつけの産科医に確認の上、薄めて飲むか、産後おちつくまで少し待ちましょう。

便秘解消でダイエットもできて、美肌やアンチエイジング作用も期待できる桃花スリムは、モニター満足度も98.7%と非常に高く、おすすめです。
公式サイト→美肌にも良い便秘茶の桃花スリム

momohanaslim

関連記事: