乳酸菌以上に注目したいオリゴ糖パワー 

乳酸菌以上に注目したいのが
オリゴ糖パワーです。

腸内環境を左右する善玉菌や悪玉菌
などの腸内細菌の重さは1.0〜1.5Kgあります。

種類は1000種類以上で、その数は
600〜1000兆個と言われています。

健康な人であれば、善玉菌20%、
悪玉菌10%のバランスになっていて
残りの70%は「日和見菌」という
善玉菌と悪玉菌のどちらか優勢な
ほうの働きに加担する菌です。

善玉菌の代表で良く知られているのは
乳酸菌です。ですから、腸内環境を
善玉菌優勢に整えるとなると、
まずは皆それを意識的に摂取することを考えます。

しかしいくら乳酸菌を摂取しても、
それだけではなかなか腸内環境が
良くならないのが現実
です。

それは胃酸をはじめとする過酷な
環境を乳酸菌が通り抜けて、生きて
腸まで到達するのはなかなか難しいからです。

腸に届く頃には死骸だけになっている
ことが殆どなのです。しかし、
乳酸菌の死骸は元々体内に存在する
善玉菌のエサとなり、腸内を弱酸性
傾向にする働きがあるので悪玉菌の
繁殖しにくい環境をつくるとも言われています。

とはいえ、人の理想の腸内環境は
それぞれ異なるものなので、いくら
乳酸菌をたくさん摂っても
それがその人のおなかに元々
棲みついている善玉菌と異なるもの
だった場合、つまりその人の
腸内環境に合わなかった場合は
無情にも体外に排出されてしまう
こともあるので、乳酸菌摂取だけでは
なかなか腸内環境改善のキメ手とならないのです。

では、どうしたらよいのかというと、
腸内環境を良くする秘訣としては
もともとその人に棲んでいる
善玉菌を活かすことが一番のポイントになります。

この善玉菌を増やすのに適している
のが「オリゴ糖」なのです。

オリゴ糖は人間にとって消化・吸収
されにくい物質であり、
善玉菌のとても良いエサとなります。

消化吸収されないので腸までしっかり
と届き、腸内にいる善玉菌を効率よく
増やしてくれる
のです。

ただし市販のオリゴ糖は純度3割程度
のものが多く、残りの7割は悪玉菌の
エサになる砂糖なので、あまり
効果を感じることができません。

オリゴ糖を選ぶときは純度の高いもの
を選び、腸内環境改善を目指しましょう。

純度が高いオリゴ糖の中では
カイテキオリゴ」と
オリゴのおかげダブルサポート」が
腸内環境改善を実感しやすく、
おすすめできます。

普段使用している砂糖をこれらの
オリゴ糖に変えるだけで腸内環境を
整えてくれるので、とても手軽で続けられます。

お茶やコーヒーに入れて飲むだけで
いいので簡単なのです。

とくにオリゴの種類が多くて
便秘改善を強力にサポートして
くれるのがカイテキオリゴなので、
頑固な便秘に悩んでいる人はこちらを
試してみてください。
体験→カイテキオリゴで便秘改善の体験

オリゴ糖は腸内環境を整えるので
便秘にも下痢にも効果があります。
赤ちゃんから妊婦、授乳中でも
お年寄りでも飲めるので安心、安全です。
公式サイト→カイテキオリゴ通販 『オリゴ糖ドットコム』
DSC_0566

関連記事: