プラセンタ入りのサプリメント選び

プラセンタ入りのサプリメント選びについてです。

プラセンタは英語で胎盤という意味なのですが、
健康食品や化粧品に含まれるプラセンタは
胎盤そのものではなく、胎盤から
細胞分裂を促進する成長因子(グロースファクタ)
他の栄養素を抽出したもののことです。

細胞の分裂を適切にコントロールする成分を
「成長因子」(グロースファクター)といいます。

成長因子は元々胎児が子宮の中で
驚異的な成長を遂げるために
必要とされるものですが、
古く弱った細胞や怪我などで
ダメージを受けた細胞から
新しい細胞を作り出すのを
助ける働きがあります。

細胞をリフレッシュさせるので、
血流やホルモンバランスなどが
整えられ、肌をきれいにしたり
体調を整えてくれます。

プラセンタには美白効果、
シワやたるみの改善、
新陳代謝促進でアンチエイジング
ホルモンバランスを整える
代謝機能促進で体力アップ・
疲労改善・痩身、自律神経を整える
ストレスに強くなる、などの
魅力的な作用がたくさんあるのです。

老化の大きな原因は体の「酸化」ですが、
プラセンタには活性酸素を除去して
細胞の劣化を防ぐ強い抗酸化作用があります。

細胞レベルで老化を防いでくれるので、
アンチエイジングにももってこいなのです。

また、体内の毒素を分解する
肝臓が活性化され、新陳代謝が
活発になって新しい細胞の生成が
促されると同時に不要な
毒素が分解されていくので、
美容や健康に効果的と注目されているのです。

ところで、サプリや化粧品によく使われる
プラセンタの原料としては
主に馬プラセンタと
豚プラセンタの
2種類があります。

当然、どちらがより
有効なのかということが気になります。

馬プラセンタを使用する
商品の場合、プラセンタ100gあたりの
アミノ酸量は馬プラセンタの方が
豚プラセンタに比べて
圧倒的に多いことを示し、
より有効であると説明があります。

また豚プラセンタを使用する商品の場合、
馬よりも豚の方が遺伝子的に
人間に近いから安全、と説明があります。

比較すると馬プラセンタのほうが
なんとなく効果がありそうにも思えますが、
冷静に考えてみると消費者のニーズは
「美容」への期待がメインなので、
抗酸化作用や肝機能アップの効果が重要です。

しかしそれらの効果とアミノ酸量とは
あまり関わりがないのです。

人には体質などもありますので、
どちらのプラセンタと
相性がいいのかというのも人それぞれ、
つまりどちらが有効かということは
一概に言えないというわけです。

となると、あとはプラセンタ含有量で
どのサプリメントがいいか
比較したくなりますが、
これもプラセンタエキスを
何倍に濃縮してあるのかが不明だと
「○○mg配合」と表示されてあっても
比較しようがないというのが現実です。

最近は様々なプラセンタの
サプリメントが出ていて選ぶのに
迷ってしまいますね。

私も、豚も馬も両方飲んでみていますが
一番美肌効果が高いと感じたのは
言われているのは馬プラセンタが
180mg入っている「エイジングリペア」です。

美肌効果はプラセンタエキスの種類や
ユーザーの体質によっても違ってきますが、
1ヶ月〜3ヶ月くらいで効果を
実感できると評判なので
試してみる価値があります。

私もエイジングリペアを時々飲んで
お肌のハリや潤いなど美肌を体感中です。
体験→エイジングリペアでシワやたるみが消えてアンチエイジング
飲んだ翌朝は、ふんわりと肌が
すべすべして若返ったのが体感できましたよ。

肌の調子が悪い時にいつも飲んでいます^^
小さな粒で1回分の4粒がパッケージに
なっているので清潔ですし持ち運びやすくて
飲みやすいです。プラセンタ以外の
美肌成分もいろいろ入っています。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら

ハリ・ツヤ実感!馬プラセンタのエイジングリペア

関連記事: