ビタミンEの効能と摂りやすい食材は?

ビタミンEの効能と摂りやすい食材についてです。

人に必要な栄養素は数多く
存在しますが、その中でも
老化に歯止めをかけてくれる
アンチエイジングの主力選手と
言えば「ビタミンE」です。

よく「抗酸化作用」などという言葉も
耳にしますが、体の中では
どのような変化が起きているのでしょうか?

まず、ビタミンEは油に溶けやすく
水に溶けない性質を持っています。

ビタミンEは体内に吸収されると、
脂質や細胞膜などに運ばれていきます。

この運ばれたビタミンEは、
老化の原因となる活性酸素から
細胞を守ってくれる
のです。

またビタミンEはビタミンCと一緒に
摂取
すると、
効果は最大限に発揮されます。

ビタミンCも同じく抗酸化作用
持っている栄養素ですので、是非
同時に摂ってもらいたいです。

ビタミンCは水溶性なので摂り過ぎて
も尿として体外に排出されるので
問題はないのですが、
ビタミンEは脂溶性なので摂り過ぎる
過剰症を起こしてしまうので要注意です。

主な症状としては骨がもろくなる
骨粗しょう症が挙げられます。
とは言っても余程多量摂取しない
限りは問題ないと思います。

また、逆に欠乏症となると
不妊症や脳軟化症、筋萎縮などの
症状が報告されています。

通常の食生活でなかなか欠乏する
ことはありませんが、出来れば
積極的に摂取したいものです。
老化予防や美肌にも良いからです。

では、どの食材に多く含まれているのでしょうか。
まずはオリーブオイルなどの油脂類です。
最近ではビタミンEが強化された油
なども発売されていますね。
摂りすぎは健康に良くないですが、
お腹の動きを円滑にする働きもある
油脂類は賢く摂取したい食材です。
特にオリーブオイルはおすすめです。

次にアーモンドやピーナッツなどの
種実類(ナッツ類)です。

アーモンドはビタミンEも豊富ですが
オメガ3と言う体に良い脂肪酸も含まれています。
アメリカの研究では一日数十グラムの
アーモンドを間食として摂取し続けた
人は、そうでない人に比べて
体脂肪・体重共に少なかったという
報告もあるようです。
almond

また、他にも、いくら、たらこ、
青魚、マヨネーズなどにも多く含まれています。

ビタミンEは決して摂取しにくい
栄養素ではなく、身近なものに
多く含まれているものです。

過度のダイエットで脂質を断絶して
しまうと、上手に摂取できなくなる
可能性もありますので是非この機会に
食生活にビタミンEを含む食材を
プラスしてみてくださいね。

★好き嫌いが多かったり
不規則な生活でビタミンEだけでなく
ビタミンやミネラルが不足する時は
自然素材100%で優良なサプリ
ヘルシーワンのマルチビタ&ミネをどうぞ。
公式サイト→ヘルシーワンのマルチビタ&ミネ

関連記事: