バストアップサプリの効果と安全性

バストアップサプリの効果と安全性についてです。

女性としてバストの形や大きさが
気になるという人は多くいます。

できれば

もう少し大きく
ハリのあるバストになれれば、と
思うのは皆同じ。

胸筋を鍛えたりマッサージしてみたりと、
いろいろ試された人もいると思いますが、
思うような効果が得られないとなると
次に試してみたくなるのはバストアップサプリです。

バストアップサプリなら
毎日決められた用量を服用するだけで
とても手軽ですし、なんといっても
即効性があるように感じます。

しかし、バストアップサプリには
女性にとって大きなリスクがある場合も
あるので気をつけなければなりません。

バストアップに有効であるといわれ
人気になっているのは
プエラリア入りのバストアップサプリメントです。

プエラリアには、女性ホルモンの
ひとつであるエストロゲンに
似た作用があると言われています。

それは大豆などに含まれる
イソフラボンよりも強い
エストロゲン作用があると言われていて、
それゆえにバストアップ効果を期待してしまいます。

ところが、それがちょっと問題なのです。

女性ホルモンには、エストロゲンと
プロゲステロンの2種類あり、
エストロゲンは美肌作用や
バストを大きくしたり
女性らしい体にする作用があります。

一方プロゲステロンには
子宮内膜を最良の状態にして
着床しやすく赤ちゃんを育てやすい
環境に整えようとする働きがあります。

そして、体温を上げて
妊娠を継続しやすくする働きもあります。

バストアップサプリは、
このふたつの女性ホルモンのうち
バストアップに有効なエストロゲンだけを
増やそうとし、そして増えすぎてしまうと
結果としてプロゲステロンとの
バランスを崩してしまうのです。

すると、乳がんや子宮体がんの
リスクを高めてしまうことに
つながる場合もあるのです。

エストロゲン増加で
ホルモンバランスが崩れると、
他にも不正出血や月経不順、
排卵障害、子宮の炎症、
不妊などの問題も出てきます。

エストロゲンに似た作用のある
大豆イソフラボンなどは、
食事から補う分には問題ありません。

サプリメントで補う場合は
1日30mgまでとされていますが、
プエラリア入りのバストアップサプリには
1粒にその10倍の300mgも入っていることが
あるので安易な摂取はおすすめできないのです。

バストアップできたとしても、
女性特有の病気になってしまっては
元も子もないからです。

ではバストアップは
あきらめなければならないのか、
というとそうではありません。

女性ホルモン様のプエラリアなどが
入っていないバストアップサプリというのもあります。

女性ホルモンバランスの調整、ストレス緩和、
新陳代謝促進、睡眠改善、成長ホルモン増加
成分吸収量アップなどの作用のある
ハーブを使ったのがpinky plusです。
バストアップを妨げている問題を
シャットアウトするハーブで体質改善し、
安全にバストアップできると評価も急上昇中です。
レビュー→バストアップサプリのpinky plusの特徴と効果的な理由

関連記事: